こちらは旧サイトです。最新情報はこちら新サイトへアクセスしてください!


ネットリカバリーフラッシュは販売終了致しました。

RF管理コンソール や ネットリカバリーフラッシュDIB をご検討ください。
(ソフト機能比較表はこちら

現在ご使用中で、ライセンスを追加されるお客様はお問い合わせください。



ハードディスク瞬間復元・ネットワーク管理ソフト

瞬間復元機能に加え、ネットワークでの様々なコントロールや
制御機能を可能にしました。すべての機能はマスターPCから、
ネットワーク上のすべてのクライアントを一括でコントロールすることが可能です。

学校・講習会・インターネットカフェ等、複数のパソコン管理に最適です。



非復元フォルダ機能が追加されました!(Ver3.8以降)

   動作環境 |  弊社ソフト機能比較  | サンプル画面 | Q & A | カタログ |  教育支援マルチメディアツール「ラボ コマンダー」
    ※Windows XP SP3、Windows Vista SP1 への更新時のご注意

リモート操作                                                                                                    →サンプル画面

<瞬間修復>

ネット・リカバリー・フラッシュをインストールしておけば、アプリケーションの不具合や最新のウィルスによる攻撃にあっても、
再起動するだけでシステムを正常な状態に戻すことができます。強引に広告を見せようとしたり、個人情報の收集や、
異常画面の連続フラッシュ、WEBブラウザの設定変更など、ウィルスチェックソフトでは検知できない悪質なアドウェアーや
スパイウェアーも、再起動だけでスッキリ解消。


<保留>
再起動をしても、データの追加・削除にかかわらず、前回コンピュータを終了した時の状態で起動します。
保留中に不具合が起きても「修復」を実行して、使用していたレイヤーの初期状態に戻すことができます。


<保存>
ネット・リカバリー・フラッシュは、インストールした時点のPCの状態を「基準レイヤー」として保有しています。
新しい環境を作成後など、任意の状態を保存しておきたい場合は、新規レイヤーを1つ作成することができます。
また、基準レイヤーの更新も行うことができます。


<電源ON/OFF・再起動>
リモートでクライアントの電源をコントロールできます。
離れた場所から消し忘れたPCの電源を消したり、あらかじめ起動させておくことが可能です。

※リモート電源ONを実行するには、クライアント側PCがWake-on-LAN対応である必要があります

<スケジュール管理>
スケジュール設定しておくと、自動でクライアントを修復したり、起動・終了・再起動などが可能です。
アンチウィルスソフトのパターンファイルの更新やWindows Updateなどを自動で実行することもできます。>詳しくはこちら

リモート制御                                                                                                    →サンプル画面

<非復元フォルダ管理>(Ver3.8以降)
修復の対象にしたくないフォルダを、「非復元フォルダ」として設定することができます。

<モニタリング>
サーバーからすべてのクライアントをモニタリングしたり、
実際に「リモートコントロール」でクライアントPCを操作することができます。


<ファイル転送>
マスターとクライアント間でファイルの転送ができます。

<ネットワーク設定>
リモートでクライアントのコンピュータ名、IPアドレスの設定・変更が可能。
クライアントアイコンの整列なども簡単に行うことができます。


<リモート設定>
クライアントの特定のメニューやアイコン表示を制限、操作の制限などができます。

<リモートコマンド>
クライアントのプログラムをリモートで実行することが可能。よく使うプログラムは操作環境として、まとめて保存しておくことができます。

<BIOS設定の同期・パスワード・時間の同期>
すべてのクライアントのBIOS設定を同一にしたり、パスワードやコンピュータ時間を同一に合わせることも簡単です。

メッセージ送信
マスターからクライアントへメッセージの送信、またクライアントからマスターへの返信が可能です。


資産情報                                                                                                           →サンプル画面

<資産管理>
すべてのクライアントのOSやCPU、メモリの状態やハードディスクの情報、
インストールされているソフトウェアの情報等を収集することができます。
ファイルとして出力することができるので、複数のパソコン管理に最適です。

ネットコピー                                                                                                      →サンプル画面
ネットコピーは、指定したクライアントのハードディスクの内容全てを、DOS起動ディスクを使用して、
ネットワーク経由で同じネットワーク内の別のクライアントのハードディスクにコピーすることができる機能です。
これにより、同じネットワーク内のコンピュータのクローンを、複数台同時に作成することができます。
また、コピー先のハードディスクサイズがコピー元のサイズより小さい場合でもコピーが可能です。

※使用条件
・コピー元とコピー先の機種(型番)が同一であること
・コピー元とコピー先のクライアントが、同じネットワークに接続されていること


 
イメージコピー                                                                                   →サンプル画面
指定したクライアントのハードディスクの保護領域を、イメージファイルとしてネットワーク経由で
サーバーにバックアップすることができる機能です。
そして、新規導入時やデータ破損などのトラブル時に、指定したクライアントにイメージを配信することができます。


※使用条件
・コピー元とコピー先の機種(型番)が同一であること
・コピー元とコピー先のクライアントが、同じネットワークに接続されていること



■動作環境■
ハードウェア
対応パソコン :IBM PC/AT互換機
CPU :PentiumV上のインテル互換CPU
メモリ :128MB以上
HDD 容量 :8GB以上 IDE/SCSI/シリアルATA
LANカード :100MB以上(Wake-on-LAN推奨)
サウンドカード :オプション
その他 :CD-ROMドライブおよびフロッピーディスクドライブ
ソフトウェア
対応OS :WindowsVista 32bit 
※制限あり

※SP1対応
:WindowsXP Professional/Home Edition(32bit) 
※64bit未対応
※SP3対応
:Windows2003 Server
:Windows2000ServerWindows2000 Server / Professional

※重要※ 対応OSとソフトのバージョンについて

ネットワーク構成
プロトコル :TCP/IP
コンピュータ名 :重複しないこと
アドレス :自動取得(DHCPサーバー使用)/手動設定
サブネットマスク :同じサブネット上で一致していること
インターネットエクスプローラ :IE5.0以降
ネットワークソフトウェア :WinSock2.0以降、Direct Media6.0以降、Direct X 6.0以降
■Windows Vista環境での機能制限■
 クライアントへの「Ctrl+Del+Alt」コマンドの送信ができません。
Windows XP 64-Bitには対応しておりません
▲TOP
スタンドアロンタイプ リカバリー・フラッシュのページへ

Copyright© 2004 GREEN FLASH JAPAN Co.,Ltd