POS連動システム「huperVision-POS」

POS連動型ビデオ録画監視システム

「huperVision-POS」は金銭損出防止を目的とした業務支援ソリューションです。

huperVision-POS
  • 会計誤操作
  • 不正行為
  • トラブル時の証拠映像
  • 課題抽出

OPOS準拠システムと連動

OPOS仕様に準拠したPOSシステムにビデを録画監視システムである「huperVision」と連動することで、1サイトサーバーにつき最大16台のPOS端末と連動。レシート情報などから日時や商品などのキーワードですばやく映像を検索。金銭管理や誤操作、お客様クレーム時の確認に期待できます。

*POSデータは、MS-Access形式で出力


システム概要

huperVision-POS システム概要


インテリジェント機能

POSレジ以外の監視には「huperVision」のインテリジェント機能が、導入施設に応じたハイレベルのセキュリティと顧客サービスの向上にお役立ちいただけます。

インテリジェント機能

既存のアナログカメラ&POSシステムも活用

「huperVision」はアナログカメラとネットワークカメラとの併用ができます。また、OPOS準拠のPOSシステムと連動可能なため、既存の資産を活用することで低コスト導入をクライアント様にご提案いただけます。

リモート監視

インターネット経由でスマートフォンやWebブラウザからの監視やカメラコントロールが行えます。

イベント通報

インテリジェント機能で検知したイベントは、メール・FTPサーバ・電話・ファクシミリへ送信。いち早く事件性の判断を促します。

PTZカメラコントロール

PTZカメラはジョイスティックやキーボードで方向操作。また自動追尾機能やI/O装置の起動により、カメラをあらかじめ設定した位置に廻すことができます。

スケジュール機能

カメラ別に、スケジュールタスクでの詳細な設定が可能。録画時間の設定、インテリジェント機能や通報の切り替え、録画データのバックアップが行えます。

中央集中管理(CMS)

支援監視ソフト「huperCenter」「huperRemote」を導入することで、複数のDVRサイトサーバを監視。低コストでCMS構築が実現できます。

中央集中管理

その他

最大16台のI/O入力と出力装置に対応 / マップ機能によりカメラ、センサー、アラームの場所が明確

ページトップ