「リカバリー・フラッシュ」概要

リカバリーフラッシュ

ウイルス感染・データ破損・逸失から瞬時に修復し、快適な状態に復元!

復元修復リカバリーフラッシュ

再起動するだけで、保存した環境を復元
Windows10にも対応しました!

不具合の無い、きれいな環境のパソコンに「リカバリー・フラッシュ」をインストールすれば、突然の不具合でも再起動するだけで、元の状態に修復。大切なデータを保護する驚異の復元ソフトです。

パソコン復元イメージ

ご愛用者様の声

バックアップ機能とまるごとコピーについて
【神奈川Aパソコンスクール様】
おかげさまで、無事リストアできました。大成功です。
13時半に始めましたが、16時からの個人レッスンのはじまるときにはまだ終わっていませんでした。

もっと見る

2時間のレッスンを終えて、ドキドキしながら席に戻ったら、見事Windows10の画面になっていました。 リカバリーフラッシュは素晴らしいソフトです。今後も多くの方のためにお仕事を頑張ってくださいね。
ありがとうございました!

導入シーン

インターネットカフェ
再起動するだけで初期状態に復元、次に利用されるお客様が快適に使用できます。
学校、講習会
初心者ユーザーに多いファイルの削除も、再起動できれいに修復。メンテナンス不要なので次の授業にもすぐに使用できます。
サポートシーン
カスタマーサポートでは、ソフトウェア・ハードウェアの問題切り分けに大変有効
動作検証
デバイスドライバの更新やソフトウェアインストール後の不具合現象も、再起動だけで元の快適な環境に復元します。

シリーズ概要

リカバリーフラッシュはご使用される環境に合わせて、4タイプの製品をラインナップ!

リカバリーフラッシュ (RF) シリーズ
RF 6.7 Windows10に対応しました。
RF6.5に仮想保留レイヤーの機能が追加されました。
Win10対応
Win7-32&64bit対応
RF ライト6.0 Ver.6最新モジュールを継承、復元環境を最大2レイヤー作成、機能をシンプルにすることで、はじめてのユーザにも導入が容易な普及版! Win7-32&64bit対応・MBR専用/GPT非対応
RF シングル Ver.4.0を基本ベースに復元環境を1レイヤーに限定した簡易バージョン! Win7-32bit対応・MBR専用/GPT非対応

*ネットワーク対応バージョン「RF管理コンソール」はこちら


レイヤーシステム

レイヤーイメージ

マルチレイヤーシステム採用製品は、保存した環境(基準レイヤー)に、アプリケーションやデータを追加・削除した差分環境(新規レイヤー)を保存できます。基準レイヤーのみの起動や、基準プラス新規レイヤーでの起動などを選択できるため、1台のパソコンにいくつもの環境を持たせることが可能です。


バックアップスペース

あらかじめ固定のバックアップスペースを確保する必要はありません。保存データはハードディスク内にダイナミックに配置、そのスペースはひとつのポイントに対してハードディスク全体容量のわずか0.05%です。


管理者も安心のセキュリティ

すべての操作はパスワードによって保護することができます。不特定多数の人が操作する環境では、Windows上からは製品の存在をわからないようにし、DOS上から操作をすることができます。


動作環境

対応パソコン
IBM PC/AT互換機
CPU/メモリ
対応OSの推奨動作環境に準拠
HDD 容量
20GB以上 2TBまで
LANアダプタ
10/100Mbps(WOL機能)
サウンドカード
オプション
その他
CD-ROMドライブおよびフロッピーディスクドライブ
対応ハードディスク
IDE、SCSI、シリアルATA
 
*シリアルATAの場合、単独での使用のみ対応。他の規格ドライブとの混在では使用不可
対応OS
Windows2000 Server / Professional SP4以上
 
Windows2003 Server  SP2以上
 
WindowsXP (32bit) SP2以上
 
WindowsVista (32bit、64bit)
 
Windows7(32bit、一部64bit対応製品有)
 
*RF6.5はWindows8に対応
その他バージョンは、WIN7対応にて開発終了となります。
 
*RF6.7はWindows10に対応
その他バージョンは、WIN7対応にて開発終了となります。
注意事項
NECのPC98シリーズには対応しておりません
 
RAID環境やダブルスペース等の圧縮ディスク環境では使用できません
 
マルチCPU(物理的にCPUを2つ以上搭載する状態)および2台目以降のハードディスクには対応していません。
 
他の、MBRを書き換えるソフト・及びハードウェア、イメージバックアップソフト等との併用はできません。
 
ハードディスクが物理的に破損した場合は、修復できません
 
UEFIプラットフォームにおけるGPTフォーマットでのディスクに関する重要事項も併せてご参照ください。

対応OSとソフトのバージョンの詳細はこちらをクリック

ページトップ